サプリでハツラツな毎日|黒酢やベリーなどの栄養成分

錠剤

ホルモンバランスを調整

婦人

アンバランスな状態

女性の脳下垂体では、10代になった頃から卵胞刺激ホルモンがさかんに分泌されるようになります。これを受けて体は、卵巣を活発に働かせるようになるのですが、しかし40代後半頃になると、卵巣の機能が低下してきます。すると、いくら卵胞刺激ホルモンが分泌されても、卵巣はしっかりと働くことができなくなります。卵巣が働かなければ、脳は働かせるために一層卵胞刺激ホルモンを分泌しようとします。このアンバランスな状態が続くことで、体は不調を来たすようになるのですが、これが更年期障害です。更年期障害によって起こる不調には、具体的には肩こりやのぼせ、関節痛や肌の乾燥などがあります。これらは、体が卵巣の機能の低下に慣れるまで続くことになります。10年ほど続く場合もありますし、生活に支障を来たすことも多いです。それを防ぐためには、日頃から健康食品でホルモンバランスを保つことが大事です。

イソフラボンの摂取

ホルモンバランスを調整するためには、イソフラボンが配合されている健康食品の利用が有効です。イソフラボンには、卵巣の働きを良くする作用があります。それにより、卵巣の働きを促す卵胞刺激ホルモンは、それほど多く分泌されなくなります。すると、うまく働くことができない卵巣に対して、卵胞刺激ホルモンが過度に分泌されるというアンバランスな状態が、改善されてくるのです。イソフラボンは大豆に含まれているので、大豆からでも摂取が可能です。しかし胃腸でうまく分解されなければ、イソフラボンは体内で十分に効果を発揮しません。そのため体内で生かされやすいように加工してある健康食品の方が、更年期障害の緩和には有効と言えます。また、更年期に入る前に継続的に摂取しておけば、更年期障害を防ぐことも可能になります。